2017年01月27日

対馬の盗難仏像、600年前の所有主の瑞山浮石寺へ

対馬の寺から盗まれて韓国に運び込まれた仏像を600余年ぶりに本来の所有主として知られる忠清南道瑞山(ソサン)の浮石寺(ブソクサ)に引き渡すよう命じる裁判所の判決が下された。日本は反発した。

大田(テジョン)地裁は大韓仏教曹渓宗(チョゲチョン)浮石寺が昨年4月に韓国政府を相手に提起した観世音菩薩坐像引き渡し請求訴訟で原告の請求を受け入れたと26日、明らかにした。大田地裁は「その間進行された弁論と文化財庁で保管中の(現在は国立文化財研究所に保管)仏像に対する現場検証などを通じて、仏像は浮石寺の所有と推定される」とし「贈与・売買など正常な方法でない盗難・略奪などの方法で対馬で運搬された後、安置されていたとみられる」と判決した。続いて「歴史的・宗教的価値を考慮すれば、仏像の占有者は原告である浮石寺に引き渡す義務がある」と説明した。

大田地裁は「高麗史には仏像が制作された1330年以降5回にわたり倭寇が瑞山(ソサン)地域を侵入したという記録がある」とし「仏像に残っている焼けたあとと、ともにあるべき宝冠・台座がない点も略奪の根拠と見ることができる」と判示した。

対馬の観音寺にあった観世音菩薩坐像は高さ50.5センチ、重さ38.6キロで、14世紀初期に制作されたと推定されている。1300年代末に倭寇に略奪された後、1526年ごろ日本の観音寺に安置されたものと、浮石寺側はみている。今回の判決を受け、仏像は約600年ぶりに浮石寺に戻ることになった。

これに先立ち2012年10月、韓国人4人の文化財窃盗団は対馬の観音寺と海神神社に入って観世音菩薩坐像と銅造如来立像の仏像2体を盗んで韓国に持ち込んだ。このうち銅造如来立像は昨年7月に日本に返還された。

浮石寺の円牛(ウォンウ)僧侶は「賢明に判断した裁判所に感謝する」とし「日本が不法に流出した7万点余りの韓国文化財を取り戻すきっかけになるだろう」と述べた。浮石寺側は曹渓宗・文化財庁などと協議を経て仏像を教区本寺である礼山(イェサン)の修徳寺(スドクサ)に移して保管する予定だ。

菅義偉官房長官は「日本政府はさまざまな外交ルートを通じて仏像の返還を求めてきた。そうした中でこういう判決が出てきたのは極めて残念」とし「速やかに返還されるように韓国政府に適切な対応を求めていく」と述べた。

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は26日の記者会見で、「近く検察が判決の内容を分析した後、関連法令に基づき必要な措置を取ると聞いている」とし、控訴については即答を避けた。

中央日報日本語版 2017/1/27
posted by butuzoutounan at 08:28| 盗難事件

2016年12月27日

円空作天部像2体盗

岐阜県美濃市は27日、同市立花の国指定重要文化財の鹿苑寺地蔵堂(六角堂)に安置されていた県指定重要文化財の円空作天部像2体が盗まれた、と発表した。関署は窃盗事件として捜査を進めている。

市によると、今月25日午前8時30分ごろ、お堂を清掃に訪れた、管理者の立花区住民が円空作天部像2体を保管する厨子(ずし)の扉の鍵が外れていることに気づき、内部を確認したところ、盗難が分かったという。お堂を修理した2012年12月以降に厨子の扉は開けておらず、鍵は壊されていなかったという。

盗られた円空作天部像は高さ63センチと68センチの2体。県指定重要文化財で本尊の地蔵菩薩立像に被害はなかった。同寺が25日、署に被害届を出した。市は市内にあるこのほかの文化財に被害はないか調査を進めている。

岐阜新聞Web 2016/12/27
posted by butuzoutounan at 21:31| 盗難事件

2016年05月04日

寺院の石仏2体盗んだ疑い、男を逮捕

佐賀県警佐賀署は28日、窃盗の疑いで、容疑者(74)を逮捕した。
逮捕容疑は昨年11月14日ごろ、佐賀市内の寺院境内にあった石仏2体(計6万円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めている。

佐賀新聞 2016年4月29日
posted by butuzoutounan at 12:01| 盗難事件

2015年08月13日

対馬の仏像窃盗、韓国籍の自称住職に懲役6年

長崎県対馬市の梅林寺から市指定有形文化財の仏像などを盗んだとして、窃盗罪などに問われた韓国籍の自称住職の被告(70)の判決が13日、長崎地裁であり、裁判長は、懲役6年(求刑・懲役10年)の実刑を言い渡した。
裁判長は「被害品は高額で、歴史的、文化的価値も高い。被告は犯行を主導しており、責任は重い」などと指摘した。被告は即日控訴した。

判決によると、被告は昨年11月24日、韓国籍の男ら4人(3人は窃盗罪などで2年6月〜4年の実刑判決、1人は公判中)と共謀。梅林寺の文化財保管庫に侵入し、銅製仏像「誕生仏」と大般若経360巻(計約1億1000万円相当)を盗み出し、韓国へ持ち出そうとした。税関職員が気付き、仏像などを押収した。

弁護側は公判で無罪を主張したが、判決は、共犯者らの供述が客観的な証拠などから信用できると認定。「被告は不合理な弁解に終始し、何ら反省の態度がみられない。(事件は)社会的にも大きな影響を与えた」と批判した。

読売新聞 2015年8月13日
posted by butuzoutounan at 20:58| 盗難事件

2015年07月19日

盗まれた仏像、1体返還される 対馬市

3年前、長崎・対馬市の神社から盗まれ、17日に韓国から日本へと引き渡された仏像1体が18日朝、対馬に到着した。
仏像が入れられた箱は18日朝、文化庁の職員に抱えられて空路で対馬へと到着した。韓国から返還されたのは国指定の重要文化財、銅造如来立像で、2012年10月、対馬市峰町の海神神社から韓国人の窃盗グループに盗まれた。仏像を歴史民俗資料館に運んだ後、神社の関係者と文化庁の職員とで状態を確認したところ、右手の中指の一部が欠けていたという。

日本テレビ系(NNN) 2015年7月18日
posted by butuzoutounan at 11:13| 盗難事件