2013年10月28日

<盗難>木製仏像3体、福岡・添田町の寺から

27日午前7時10分ごろ、福岡県添田町中元寺の薬師堂から、町指定文化財十二神将の木製仏像12体のうち、酉(とり)の神、戌(いぬ)の神、亥(い)の神の計3体がなくなっているのを管理者が見つけた。田川署が窃盗容疑で調べている。
仏像は施錠されていない堂内の、鍵のかかったガラスケースに収められていたが、ケースのドアを強引にこじ開けて隙間(すきま)を作り、そこから入り込み盗んだとみられる。

十二神将は高さ92センチ。江戸前期の作で作者は不明。残り9体と、脇にある県指定文化財で平安後期の木造薬師如来は無事だった。

毎日新聞 2013年10月28日
posted by butuzoutounan at 20:41| 盗難事件