2015年03月27日

対馬の仏像窃盗、韓国籍の2被告に実刑判決 長崎地裁

長崎県対馬市の寺から仏像と経典を盗んだなどとして、窃盗や関税法違反(無許可輸出未遂)などの罪に問われた韓国籍の男(55)、警備員(53)の両被告の判決公判が27日、長崎地裁であった。裁判長は「被害品の歴史的、文化的価値を考えれば、結果は重大だ」として、被告に懲役3年6カ月(求刑懲役4年)、警備員の被告に懲役2年6カ月(同3年)を言い渡した。

判決によると、2人は別の3被告=いずれも同罪などで公判中=と共謀して昨年11月24日、対馬市の梅林寺にある保管庫から、市有形文化財の誕生仏1体と大般若経360巻(時価総額約1億1千万円)を盗み、一部を韓国に密輸しようとした。

判決は、両被告らが現場を下見した上で犯行に使う工具を購入したことや、実行、売却などの役割を分担していたことから、計画性や組織性が強いと判断。両被告は「実行犯として関与し、重要不可欠な役割を果たした」と指摘した。

朝日新聞デジタル 2015年3月27日
posted by butuzoutounan at 23:40| 盗難事件